« うなぎ | トップページ | 西三河店、OPEN! »

2015年6月24日 (水)

バイク事故

お客様がバイク事故に遭いました。ご高齢の方ですが、野球にゴルフにマージャンにとてもお元気な方です。それが先日、道路を徒歩で横断中、バイクにはねられました。そして、病院に行かず、歩いて帰ってきて、私に電話してきたのです。「どうしよう」と。
まず病院に行ってもらいました。その間に事故相手と相手の保険の内容を確認。そして帰宅されたとき説明しました。
事故はまず100-0案件と思われるが、最近はこちらにも責任割合を求める相手もいるので、その際は自身の怪我は自動車保険の人身傷害から不足分がもらえ、相手への補償責任が発生したら火災保険につけた個人賠償責任特約で出ること。さらに入院、手術になったら医療保険で別に請求もできるし、通院のみでも傷害保険から出ること。そしてそのすべての手続きを私がやれることを話しました。
「そんなら、何もしなくていいね」
「いや、早く治してまた武勇伝聞かせてくださいよ」


んで今日、久しぶりにお茶しながら、武勇伝聞いてきました。バイクにひかれて10日で復活はさすがです。エイジシュート目指してまた頑張るそうです。

事故相手は、とてもいい人で、全面的に非を認めてくれました。何より、任意保険に加入してくれてたのがよかったです。みなさんも、たとえ原付でも、任意保険加入してくださいね。

« うなぎ | トップページ | 西三河店、OPEN! »

コメント

火災保険の個人賠償責任特約で、自動車事故の補償責任って出るんですか?

保険会社の約款によりますが、今回の場合、歩いている人がバイクに対して事故の責任割合が発生するとなった場合、個人賠償責任保険特約からバイクの修理代、バイクの人のケガの治療費等の責任割合分の支払いが可能です。特約元が火災保険だろうが傷害保険だろうが基本的には関係ありませんが約款が異なる場合もありますので、詳しくは保険会社または保険担当者にお問い合わせください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149789/60502166

この記事へのトラックバック一覧です: バイク事故:

« うなぎ | トップページ | 西三河店、OPEN! »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック