« 百年構想 | トップページ | タクシー »

2012年7月17日 (火)

先日、三重県の津市で、新人くんたちにお話をしてきました。この業界で辛かったことを教えてほしいとか言われましたが、それは何の意味があるのかと答えました。きっと先輩方も辛いのを乗り越えてきたんだよね、って思いたいんだろうけど、こちとら楽しんでるからどうしようもない。苦しんでまで続ける仕事じゃないし、してほしくない。だから、いかにいい仕事か、楽しめる仕事かを話しました。辛いのは、お客様がすでに病気になってて間に合わなかったとき。何もしてあげれず病院にお見舞いにいくのが一番辛いです。
今日も、ありがとうって言っていただけるように、いってきます。

« 百年構想 | トップページ | タクシー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 百年構想 | トップページ | タクシー »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック