« 子供に保険かけるなんて! | トップページ | 雨 »

2006年8月29日 (火)

悲しいとき

「一応、社長の紹介だから聞くけどさ、私、妹から入ってるから、保障も確かなはずだし、安心だと思うよ」「それなら安心ですよね。その保障はいつまでのものです?」「それは、、知らないけど」

10分後。

「そんな保険あるの聞いてないよ、この保険しか選べないって言ってたのに」「なら、今、欲しいっておっしゃった保障のものに、妹さんに言って、変えてもらうのも手ですよ」「それはムリ。だってあのコ、もう転職したもん」

ある種類の保険のみを販売させられたり、また仕事として続かない場合も、残念ながら少なくありません。でも、身内にさえ、欲しい保障が提供できていない現実を知ると、悲しくなります。私の、そういった現状を少しずつでも変えていきたい旨を訴えると、他のお客様を紹介していただきました。

ちゃんとはなしをする。悲しがるだけではなく、前に進む。今日も急がなきゃ。

« 子供に保険かけるなんて! | トップページ | 雨 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149789/3329847

この記事へのトラックバック一覧です: 悲しいとき:

« 子供に保険かけるなんて! | トップページ | 雨 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック